2013年10月12日

シリコンバレーに、学ぶ.シリ

はじめまして. これから週に一度、コチラでブログを書かせていただきます、 kawai です. テーマとしては広告・マーケティングが中心になります. ただ、コミュニケーションビジネスは仕事すべてに応用できる分野. みなさんの日々のビジネスにおいて、何かキッカケにつながれば幸いです. 完璧な論を目指すつもりはありませんので、意見、反論など、どんどんお寄せください. スパム以外は大歓迎です. 未熟者ですが、何卒よろしくお願いします! まずは、こちらから…. (ビジネス全般のお話になります) 昨年の春頃の産経新聞で、インターネットビジネスに精通している梅田望夫氏が、シリコンバレーで見た社会や組織で創造性を生む5つの重要な要素をつづっていました. まとめると、起業家精神、チーム力、技術者の眼、グーグリネス、大人の流儀です. ここでは、第1定理の「アントレプレナーシップ」(起業家精神)に注目してみましょう. 第1定理は「アントレプレナーシップ」(起業家精神). 新しい物事に対する積極的意欲、リスクを引き受けて果敢に挑む姿勢、不確実な未来を楽しむ精神の持ちよう、飽くなき探究心や冒険心や没頭、変化を求める心、自分の頭で考え続ける力、始めたら徹底して勝つまでやりぬく気持ち. 「アントレプレナーシップ」を支える「常軌を逸した熱」は、「やりたいことをやる」という気持ちと、「社会をより良くしたい」という思いの組み合わせによって持続する. 2013-02-28 03:53:43 倫理性と経済性が融合したシリコンバレーのそんな独特の論理が、仕事の面白さを倍化させ、強い「働く意欲」の源になっている. シリコンバレーのリーダーたちは「世界をより良き場所に」という気宇壮大な言葉をカジュアルに使う. 新しいテクノロジーをより多くの人が利用することで、「より良き社会」を生み出せるという信念が根底にある. 「善意で世の中をよくしよう」でも、「己の欲のために働こう」でもないこの独特の論理によって、シリコンバレーの爆発的な創造性は担保されてきた. 「自分の努力が、社会の将来のためになる」. 良い意味でのエゴが、アントレプレナーたちのモチベーションを支えています. 自分の周りにもシリコンバレーからやって来た人たちがいますが、彼らが口にするのは「For Me」より「For You」. でも、その根底には強烈な「For Me」が流れています. 決して口に出すことはありませんが、話しているとなんとなく感じてきます. 自分のためだけにがんばっているとどこか虚無感が漂いますし、誰かのためだけにチカラを尽くしているとなんだか疲れてくる. 「自分は何のためにがんばっているのだろう? 」. そのように疑問に感じることがあれば、自分はどちらかに偏りすぎていないか、立ち止まって確認してみるのもいいのではないでしょうか. ニューバランス 1700 ※ちなみに日本では、インターフェイスデザイナーの中村勇吾さんが「公共性のあるエゴ」という言葉を使っていました. また、インダストリアルデザイナーの川崎和男さんは、「わがまま」の重要性をご自身の書籍で語られています.
posted by TanakaAnju at 17:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。